2019/10/7

「すてきなカレンダー」の利用規約のページです。

下記を守っていただくことが利用の条件となります。必ずご確認ください。

すてきなカレンダーを利用いただくには【重要】

「すてきなカレンダー」は個人やご家庭などを中心に利用することができるサイトです。

無料で利用でき、ユーザー登録なども不要ですが、以下のことをお願いしています。

        【A】
個人・家庭利用
【B】
グループ利用
【C】
企業・団体利用
【D】
PC教室・講座
用途 個人・家庭内での非営利の利用 サークル、同好会、チーム、クラス、親睦会など、いわゆる「仲間内」での非営利の利用 企業、団体、個人事業主における営利/非営利の利用 パソコン教室や講座、学校などにおける実習、学習用途。
利用可否 〇 利用可  〇 利用可  × 利用不可 × 利用不可
無償で利用いただくための条件 ブログやホームページ、SNSなどに「すてきなカレンダー」の簡単な紹介文、または当サイトへのリンクを掲載してください。

情報発信の手段を持たない方は不要です。
現時点では営利/非営利を問わず利用できません。(要問い合せ) 現時点では営利/非営利を問わず利用できません。(要問い合せ)

作成したカレンダーの配布ルール【重要】

・作成されたカレンダーは、無償で、かつ「すてきなカレンダー使用」を明確にしていただくことを条件に、印刷物や電子媒体、あるいはWEB上で配布することができます。

・ファイルで配布する場合、PDFなど「スプレッドシート以外」で行うことが条件です。したがってExcelブックでの配布もNGです。マクロにはPDF出力ボタンがありますのでこれを利用いただくと便利です。

・なお、配布できる数に上限を設けさせていただきますのでご注意ください。

        【A】
個人・家庭利用
【B】
グループ利用
--- ---
Excelブックで配布してもよいか? × 禁止です
カレンダーをExcelブックやその他のスプレッドシートで配布することはできません。
--- ---
印刷物で配布してもよいか? 〇 問題ありません
ただし無償配布であること
--- ---
PDFや画像ファイルで配布してもよいか? 〇 問題ありません
ただし無償配布であること
写真をいれたカレンダーであること
--- ---
配布時のテンプレート利用数の制限 その年分の配布につき、5種類までのテンプレート使用を上限とさせていただきます。

例)10組のカレンダー公開でも、使用テンプレートが5種類以下ならOKです。
--- ---
配布時の当サイト利用の明記 配布の際に「すてきなカレンダー使用」の旨をはっきりとわかるように記載してください。

・たとえばWEB上で配布する場合、ダウンロードの案内など、注釈や補記ではなく本文に、当サイトへのリンクまたは紹介文とともに記載してください。
・印刷物や電子媒体でも同様に、「すてきなカレンダー」を使った作品であることが受領者にわかるように配慮ください。
--- ---
ロゴを差し替えたカレンダーを配布してもよいか 〇 問題ありません
「当サイト利用の明記」は必要です。
--- ---

禁止事項・免責

以下はすべての利用形態に共通です。

以下「カレンダー」とは作成したカレンダーを加工したり一部を流用したものも含みます。


【禁止事項】

  • ・当サイト利用を明記せず配布する行為。
  • ・作成したカレンダーの販売・営利目的での使用。
  • ・作成したカレンダーのExcelブックまたはスプレッドシートでの配布。
  • ・写真のないカレンダーのファイルでの配布。
  • ・テンプレート/マクロの再配布(2次配布)や改変およびリバースエンジニアリング。
  • ・その他当ページ記載内容に反する利用全般。
  • ・著作権を侵害する行為、公序良俗に反する利用、当サイトの趣旨に反する利用、当サイトに不利益を与えるような行為全般。

【免責】

  • ・利用にかかわる一切の損害の責任を負いません。
  • ・提供物に誤りがないことを保証しません。自己の責任において十分確認の上、必要な場合はご自身で可能な手段にて修正や調整の上でご利用ください。

その他の各種権利への配慮について

この項に関する問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

使われる写真や画像などについて


・いうまでもなく著作権や肖像権その他の権利等に配慮の上、自己の責任にて扱っていただく必要があります。

フォントについて


・「すてきなカレンダー」からフォントを配布することはありません。

・テンプレートには、Windowsの標準で、かつ著作権がMicrosoftにあるフォントが指定されており、お使いの環境にそのフォントがあれば、これが使われます。

・当マクロのPDFボタンで出力した場合、お使いの環境にそのフォントがあれば、これがPDFに埋め込まれます。

いずれも特別な動きをするわけではありませんが、もし必要と判断される場合は、出力されたフォントをご自身にて確認の上で、配布などに使用してください。